お薦め

吸収率約13倍スーパーコエンザイムQ10使用

私たちの体のなかでエネルギーの生産を担っているのは、
ミトコンドリアという小器官です。

コエンザイムQ10はこのミトコンドリア内に非常に多く存在し、
「エネルギーをつくる担い手」として働いている物質です。
また、コエンザイムQ10は、体の酸化を防ぐ抗酸化物質としても、
強力なパワーをもっています。

コエンザイムQ10は、体のなかで作られるものと、
体の外から食物の摂取によって補給されるものとの、2種類あります。
ヒトが体のなかでコエンザイムQ10を作る能力は、
20歳前後を頂点にして低下の一途をたどります。
ですので、体の外からの摂取量を増やしていかなければなりません。

しかし、1日30~60mgの摂取が推奨されているコエンザイムQ10は、
30mg摂るのにも、たとえばピーナツや牛肉だと1日約1キロ、
ブロッコリーなら約3キロも食べないといけなくなります。
これは実質的には難しいでしょう。

よって、食物からの摂取で、
足りない分はサプリメントで補うのが良いと思われます。
コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶときは、吸収率がポイントです。
コエンザイムQ10は油に溶け込みやすい脂溶性の成分ですので、
水溶性の成分と比べて吸収に時間がかかってしまうのです。

そこでいろいろと試行錯誤され、
水に溶けやすいトウモロコシデンプンでコエンザイムQ10を包むことで、
吸収率を高めている製品もあります。
この製品のコエンザイムQ10の吸収率は、何と従来のものの13倍です。

従来のコエンザイムQ10は、粒同士がくっついて体の奥まで届きにくいのが難点でした。
それに比べてスーパーコエンザイムQ10は、一粒一粒がトウモロコシデンプンで、
ホールドされているので、粒同士がくっつかず吸収されやすいのです。
せっかく摂取するなら、含まれているコエンザイムQ10をなるべく多く体に取り込めるものがよいですね。

コエンザイムQ10のサプリメントを選ぶときには、
コエンザイムQ10の含有量だけでなく、吸収率にも注意して選びましょう。
また、コエンザイムQ10サプリメントの平均価格はこちらを参考にしてください。
吸収率が高いといわれる日清ファルマ株式会社のコエンザイムはオススメです。