お薦め

生命活動の基本となるエネルギーを生み出す重要な栄養素

私たちが健康な毎日を送ることができるのは、
体のなかで60兆個もの細胞のひとつひとつが活発に働いて、
体を動かすためのエネルギーを作り出しているからです。

生命活動の基本となるエネルギーは、
細胞内のミトコンドリアという小器官の中でつくり出されます。
ミトコンドリアは60兆個の細胞のすべてに存在し、
ひとつの細胞に含まれるミトコンドリアは、50から200ほどと言われています。

このミトコンドリアは「生命のエネルギー工場」とも呼ばれ、
私たちの体が必要とする全エネルギーの95%の生産量を誇っています。

コエンザイムQ10はすべてのミトコンドリア内に存在し、
エネルギーのもととなるATP(アデノシン三リン酸)という物質をつくり出すのに、
欠かせない栄養素です。

ミトコンドリアの工場では、呼吸によって体に取り入れられる酸素と、
食品から取り入れられる炭水化物、たんぱく質、脂質を原料として、エネルギーをつくっています。
このうち一番重要な炭水化物は、体内でブドウ糖に分解され、
「解糖系」「TCA回路(クエン酸回路)」「電子伝達系」の3つのプロセスで、ATPをつくり出します。

このとき、もっとも大量にATPをつくり出すのが、第三の「電子伝達系」のプロセスです。
この電子伝達系のプロセスで非常に重要な役割を担うのが、コエンザイムQ10なのです。

コエンザイムQ10は、特に心臓にとって大変重要な栄養素です。
ほとんどの臓器は、寝ているときには活動を休止していますが、
心臓は寝ているときも休むことなく、血液を全身に送っています。

心臓のエネルギーが不足すると、血液を送り出すポンプの機能が低下し、
血液の循環が悪くなってしまいます。
また脳や肝臓、腎臓などの、より多くのエネルギーが必要な臓器ほど、影響を受けます。
疲れがとれにくくなり、さまざまな不調を招いたり疾病を引き起こすと言われています。

このように、コエンザイムQ10は体にとって非常に重要な栄養素であり、
不足することで体の機能が低下しないように、コエンザイムQ10の必要量を維持することが大切です。
そのためには、体のなかでコエンザイムQ10をつくり出すための原料となる栄養素や、
コエンザイムQ10そのものが含まれている食品、またはサプリメントを摂取し、
体が常にエネルギーを生み出す能力を保つことが大切になります。

またコエンザイムQ10には還元型と包容体があるのをご存じですか。
詳しくは上記サイトをご覧ください。